MENU

花粉症の原因

 

花粉症の原因は花粉症という名前の通り、植物の花粉が原因です。花粉症は花粉が原因で、アレルギー症状が起きるという病気ですが、毎年同じ時期にくしゃみをしたり鼻がとまらなかったり目がかゆくてたまらないような症状が花粉症です。日本でもここ数年花粉症という症状に悩まされている人は増えていますが、20年30年ほど前までは花粉症ということばはまだありませんでした。
しかし花粉症というのは、実は、古代ローマの時代からあったとされていたんだそうですが、花粉症の原因が植物の花粉だということがわかったのは19世紀に入ってからの話なんだそうです。そして日本で花粉症という病気があり、原因が花粉であると認知されるようになったのは、戦後といいますから、まだそれほど原因や症状がわかってからは日が浅いということになります。
花粉症の原因となっている花粉が、鼻の中や目の中に入って粘膜に就いてしまうと、抗体ができますが、この抗体は、決められた細胞にくっつくのですが、炎症を起こしてしまうヒスタミンなどが含まれている物質です。その中に花粉が入っているとアレルギーの症状を起こします。アレルギー症状は人にもよりますが、くしゃみや鼻水、目のかゆみやのどの痛みなどを起こす原因になります。

 

花粉症の時期

 

花粉症の時期というのは春先が一番時期といえると思っている人も多いかもしれませんが、実は花粉症の時期というのは一年間を通してずっと時期といえると思います。その中で花粉症は春が一番のピークで次に多いのが秋ということになります。春の時期の花粉症の原因はスギ花粉などの木の花粉が原因ですが、秋の花粉と言えば、稲などの草を中心にした花粉が多いといわれています。
花粉症の時期はですから年間を通じて一年間ずっと時期といえます。自分が花粉症になりやすい時期を知ることで何が原因で花粉症になっているのかよくわかると思います。2月から5月にかけての花粉症が一番ピークの時期というのはやはり杉花粉やヒノキ花粉が一般的な原因になっていますが、秋に花粉症になりやすいと思っている人はヨモギやイネなどが花粉症の原因になっているのではないでしょうか。花粉症の時期によって原因がわかりますし、それによって治療法や薬なども変わってくると思います。
花粉症の時期によっては、風邪と間違えやすい時期などもありますが、毎年の統計をとってみて同じ時期に風邪の症状が出るという人は、花粉症を疑ってみたり血液検査を受けるなどの対処をした方がいいですね。

花粉症にヨーグルト

 

花粉症にはヨーグルトがいいといわれているのですがご存知でしたでしょうか?花粉症の症状を改善させたいと思っている人の中で薬の力を借りずになんとか体質改善をしていきたいのであれば、食べ物や飲み物などで花粉症対策をしていかなくてはいけません。花粉症対策にヨーグルトが効果的であるというのは意外だと思っている人も多いんだそうですが、お茶では甜茶が効果があるといわれていますが、実は花粉症の人が積極的にとるといいといわれているのはヨーグルトの方が高いんだそうです。
スーパーやコンビニなどでも花粉症の時期といわれている2−4月ごろにかけてはヨーグルトコーナーを見てみても、花粉症対策に!と書かれているPOPを見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。ヨーグルトの中に含まれている何が花粉症対策に効果を発揮しているのかというと、乳酸菌といわれる善玉菌は粘膜を強くする働きがあります。
腸の粘膜を強くするために乳酸菌を摂取するといいといわれていますが、腸の粘膜に限らず、体全体の粘膜に効果があるようです。花粉症は粘膜がアレルギー症状を起こすことで発症しますから、乳酸菌を多く含んでいるヨーグルトを食べれば効果が表れるというわけです。